医療法人 沖縄徳洲会 武蔵野徳洲会病院

〒188-0013 東京都西東京市向台町3-5-48

医療安全管理室

医療安全管理室

医療安全は、医療の質に関わる重要な課題です。安全な医療を提供するためには何が必要か考え、そのための方策を実行し、医療安全の体制を整えることが重要になります。その実務を担当するのが医療安全管理室です。当院では専従の医療安全管理者を置き、安全で質の高い医療を提供することを目標に、以下の活動をしています。

医療安全管理 組織と体制

当院の医療安全管理体制は、病院全体の医療安全を管理・指揮する医療安全管理委員会、各部署のリスクマネージャーが構成員となり安全な医療について検討を行なう医療事故防止委員会、医療安全管理室からなっています。医薬品や医療機器の安全管理責任者、感染対策委員会、その他各委員会とも連携し、医療安全の体制を整備しています。

インシデント・アクシデントレポート

医療事故(アクシデント)が発生した場合は、速やかに報告・対応・調査・分析するために、報告制度を定めています。この報告制度には、事故に至らないまでのヒヤッとしたりハッとした事例や軽微な事故(インシデント)も含まれます。これらの報告をもとに、業務手順の見直しやシステムの構築をはかり、医療事故の防止に努めています。

医療安全管理室の主な業務

安全な医療を提供するための医療安全体制の整備

医療安全に関する指針やマニュアルの整備、各委員会への医療安全面からのサポート、患者様からの苦情や要望等の分析および活用のための患者相談窓口の設置、安全管理のための職員研修等の実務を担当しています。また、各部署にリスクマネージャーを配置し、インシデント報告の推進と報告事例の収集・分析・対策を一緒に行なうことのできる体制を整備しています。
「医療安全マニュアル」の閲覧をご希望の方は、職員へお声かけ願います。

院内の各スタッフへの働きかけ

病院内には医師、看護師の他に、薬剤師や技師(検査技師、放射線技師、臨床工学技士等)、リハビリテーションスタッフ、管理栄養士など様々な専門職種とその他事務部門が存在し、チーム医療を基本としています。個人のレベルもベテランから新人まで幅広い人材の集合体であり、一般の企業に比べるとスタッフの入れ替わりも多いため、すべてのスタッフに標準業務手順書を周知徹底することの難しさを痛感しています。医療安全管理者は、各現場と密接に連携をとりながら、業務が安全に行なわれているかを定期的に院内巡視し、ルール遵守の管理をしています。

実際に事故が起きた場合の適切な対応

病院では事故が起きないよう最善の努力をしておりますが、万が一のことも想定しておかなければなりません。事故が発生した場合は、医療安全報告システムにより速やかに情報の収集・分析を行い、医療事故予防策・再発防止策の立案、実施、評価および見直しを行ないます。有害事象が発生した場合や重大事故発生時などは、事故対策本部を設置し事情を調べ、医療安全管理者が窓口となる役割も担っています。 当院は、事実経過や原因の調査に全力を尽くします。また、その結果については、患者様やご家族に誠意をもってお話していく考えです。

外来診療受付時間
午前 8:30~12:00
(診療開始9:00~)
午後 13:30~16:00
(診療開始:14:00~)
夕方 16:30~18:30
(診療開始:17:00~)

※実際の診療実施の日時は
外来担当表をご参照ください

お問い合わせ・アクセス
〒188-0013
東京都西東京市向台町3-5-48
042-465-0700

患者様・利用者様優先 24時間対応

042-465-0792

患者様以外、業者様など
(不通時は患者様優先番号へ)

042-465-0769

人間ドック・健康診断
月~金曜日 13:00~17:00
(日・祝除く)

  • 看護部