医療法人 沖縄徳洲会 武蔵野徳洲会病院

〒188-0013 東京都西東京市向台町3-5-48

武蔵野徳洲会病院院内感染対策指針

1.目的

武蔵野徳洲会病院(以下、「当院」という。)は、当院の基本理念に基づき、安全かつ適切な医療並びに快適な医療環境を提供できるよう感染防止に努め、患者家族および病院職員の安全確保と満足度向上を目指す。このため、当院における感染管理に関する基本方針を定めるとともに、感染管理体制を明確にし、感染予防対策の推進を目的として基本的な考え方を以下に定める。

2.感染対策に関する基本的な考え方

  1. 質の高い安全な医療体制を目指すため、感染管理をシステム化し、医療現場の現況の変化に適切かつ迅速に対応するため組織的、横断的に取り組んでいく。
  2. 患者、病院職員、訪問者など病院に関わる全ての人を病院感染から守るため、科学的根拠に基づく費用対効果の高い感染対策を実施する。
  3. 病院職員は、感染源と成り得ることを十分認識し自らが感染源とならないよう、定期健康診断を受診し健康管理に努める。
  4. 職員は、院内感染対策マニュアルを遵守し、手洗いの徹底、マスク、手袋等の着用など、常に感染予防策の遵守に努める。

3.院内感染対策推進のための組織および体制

院内感染発生時の迅速な対応策、及び院内感染の対策・予防を図るため次の組織を設置する。

  1. 院内感染予防対策委員会
    当院における院内感染対策に関する問題の原因分析、改善策を審議し、諸施策等の策定等を行う。
  2. ICT委員会(インフェクションコントロールチーム)
    院内感染対策委員会で決定された方針に基づき、組織的かつ感染管理と院内感染予防策のチームを設置する。

4.感染対策のための職員研修

感染防止対策の基本的な考え方および防止対策に対する意識の向上を図るために、全病院職員対象の研修会を年2回開催するほか、必要に応じて随時開催する。研修の開催結果を記録し5年間保存する。

5.感染症の発生状況の報告

  1. 院内感染発生状況に関する情報は、院内感染対策委員会が総括する
  2. 耐性菌および市中感染症等の院内発生に伴う感染拡大を防止するため、感染症発生状況をおよび院内感染対策委員会感染管理室またはICT委員会を通じて、病院職員に定期的に通知する。報告にあたっては、個人情報の保護に配慮する。

6.病院感染発生時の対応

病院感染が発生した場合は、患者の安全を最優先する。院内感染発生部署の病院職員は、直ちに感染管理室へ報告する。感染管理室は状況および対応を病院長ならびに院内感染対策委員会に報告する。ICT委員会および発生部署の病院職員は、速やかに発生の原因を究明し、改善策を立案し実施する。
ICT委員会は、発生状況および改善策の実施結果について院内感染対策委員会を通じて全職員に速やかに周知する。

7.本指針の改正

本指針は年1回見直しを行い、必要な場合は改正する。

8.患者等に対する本指針の閲覧に関する基本方針

本指針は、院内感染対策マニュアルおよびホームページに掲載する。

附則 この指針は、2016年4月1日より施行する。

武蔵野徳洲会病院院内感染対策指針
2016年4月1日 発行
2016年7月1日 一部改訂
2018年7月1日 一部改訂

詳細は、PDFファイルでご覧いただけます。
武蔵野徳洲会病院院 院内感染対策指針(PDF)

外来診療受付時間
午前 8:30~12:00
(診療開始9:00~)
午後 13:30~16:00
(診療開始:14:00~)
夕方 16:30~18:30
(診療開始:17:00~)

※実際の診療実施の日時は
外来担当表をご参照ください

お問い合わせ・アクセス
〒188-0013
東京都西東京市向台町3-5-48
042-465-0700

患者様・利用者様優先 24時間対応

042-465-0792

患者様以外、業者様など
(不通時は患者様優先番号へ)

042-465-0769

人間ドック・健康診断
月~金曜日 13:00~17:00
(日・祝除く)

  • 看護部