医療法人 沖縄徳洲会 武蔵野徳洲会病院

〒188-0013 東京都西東京市向台町3-5-48

院長挨拶と理念

ご挨拶

武蔵野徳洲会病院 院長 鈴木洋通

2015年6月1日、この武蔵野の地に武蔵野徳洲会病院を開設する運びとなりました。
武蔵野徳洲会病院は、徳洲会グループが掲げている『生命(いのち)だけは平等だ』の理念の下、「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会」を目指し、断らない医療を実行してまいります。

わたしたちが目標とするのは「途切れのないシームレスな医療」

まず当院は、この地域にあるすべての医療機関と連携を図り、患者様に切れ目のない医療を提供したいと思っております。
例えば、病院でのより高度な医療が必要とされたとき、これまでの検査や治療をしっかりと引き継ぎ、さらにそれらに立脚し必要とされる最適な医療を提供します。

そして次に何が最も必要とされるかを各医療機関と検討・連携し、地域で安心して暮らせるようにすることを目指していきます。これを「途切れのないシームレスな医療」と名付け目標とします。
また、現在ともすれば新しい薬や医療器具に検査や治療が大きく依存している風潮がみられます。少しでもよい検査や治療を追い求めることも必要です。
しかしそれらがすべての人に適しているのかは疑問の余地が残されており、様々な角度からの検討が必要であることは言うまでもありません。
わたしたちは患者様に対し現代の先進医療を押し付けるのではなく、患者様ご本人およびご家族が納得し満足していただける医療を心掛けていきます。これを実現させるために職員一同「医療を提供することに職種は関係ない。多様な意見を出し合い最善の医療を求め提供する。」という方針の下、ありとあらゆる角度から患者様一人ひとりに最適な医療・サービスを提供していきたいと思っております。
しかしながら開院と同時にこれらすべてのことを実行していくことは簡単なことではありません。当院は常に前進、進化を続け、地域の皆様と手を携えて武蔵野徳洲会病院をつくってまいりたいと思っております。
日々切磋琢磨し、職員一同一丸となって取り組んでまいります。
皆様からのご支援、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

武蔵野徳洲会病院 院長
鈴木洋通

理念

“生命だけは平等だ”を主理念に基本方針を遂行し、最善の医療サービスを提供する。

基本方針

すべての人に最適なチーム医療を提供することを骨子とし、NEP(Network・Education・Publlicity)の強化を図りながら、徳洲会は進化する。

お問い合わせ・アクセス
〒188-0013
東京都西東京市向台町3-5-48
042-465-0700

患者様・利用者様優先 24時間対応

042-465-0792

患者様以外、業者様など
(不通時は患者様優先番号へ)

042-465-0769

人間ドック・健康診断
月~金曜日 13:00~17:00
(日・祝除く)

  • 看護部